LCCは距離に応じて

LCC(ローコストキャリア)の誕生により、日本国内のみならず、海外への旅行も手頃なものになりました。
LCCが国内の航空業界に参入したのは2012年です。
既存の航空会社よりも安い料金設定のため、一気に認知度が高まり、その後、続々とLCC航空会社が参入を始めたのです。
LCCの一番のメリットは何と言っても低価格な料金です。
国内でも海外でも1万円以内で利用することが可能なのです。

では、飛行機を利用するときは、すべてLCCを利用すればいいのか?答えはNoです。
LCCの利用は状況に合わせて使い分けることがベストといえます。
LCCは長期的な渡航には向いていません。
これは後述する「LCCの安さんの秘密」にも出てきますが、LCCが利用している航空機は小型のものが多く、座席数も多いため、1人あたりの面積が必然と少なくなります。
国内や中国、韓国など近場への渡航には十分ですが、ヨーロッパやアメリカなどへの長期的な渡航では窮屈に感じるかもしれません。
そのため、LCCの利用は、短距離のみにすることがいいと言えるのです。

また、LCCを利用する際、音楽や映画などのエンターテイメントを楽しみたいという方もいるでしょう。
通常の航空会社にはデフォルトでエンターテイメントが付いてきますが、LCCでは別途料金が必要となります。
そのほか機内食にも別途料金がかかってくるのです。
これらのことから長距離移動の場合は、通常の航空会社の方が向いているといえるのです。
もちろん、LCCは長距離のフライトも行っています。
狭くても大丈夫という方はLCCを利用するといいでしょう。
移動距離に合わせてLCCと通常の航空会社を使い分けることが上手な使い方です。

Copyright © 2014 目指せ達人!LCCの上手な使い方 All Rights Reserved.